• ホーム
  • » 鋼管推進・管理改築更生工法

鋼管推進・管理改築更生工法

私たちの住んでいる地下には網目のように管きょがはり巡らされています。
その管きょが、近年の自然災害や様々な振動によって損傷が生じて、
本来の機能が発揮出来なくなっています。
弊社ではパルテム技術協会の管きょ更生工法(下記の3工法)
を用いて補修工事を行っております。

ホースライニング工法
ホースライニング工法は、熱硬化性樹脂を含浸させた材料を既設のマンホールから既設管きょ内に反転加圧させながら挿入し、既設管きょ内で加圧状態のまま樹脂を加熱硬化させることで、管の内側に新しくパイプを形成する工法です。
SZ工法
パルテムSZ工法は、マンホールを利用して既設管きょ内にSZライナーを引込み、空気と蒸気でライナーを拡張・加熱して既設管きょの中に自立管を形成する工法です。管内に形成されたSZパイプは優れた耐久性、耐薬品性を有しています。
フローリング工法
パルテム・フローリング工法は、既設管きょ内で組み立てた鋼製リングに高密度ポリエチレン製のかん合部材と表面部材を組込み、既設管きょとポリエチレン製部材との間に充てん材うぃ充てんすることにより、既設管きょを更生する工法です。更生管は、既設管きょと更生材が一体になった複合管となります。
パルテムについて
パルテム技術協会についての詳細はこちらへ
各種お問い合わせ

その他の事業

土木・建築工事 上下水道工事 造園工事 自然エネルギー推進事業 住宅環境整備事業

▲このページのTOPへ